持ち家や土地などの不動産を売却しようと思っている方必見

法人の不動産売却でかかる税金は・・・

個人が不動産売却するのと法人が不動産売り渡しをするのでは税金(所得税)の掛かり方が変わってきます

 

個人で不動産売り渡しを行うと土地や家屋建物を購入した事例の値段と現在、売却しようとしている
土地や家屋、建物の販売代金の差額がプラス(利益)となるかマイナス(損益)となるかで違ってきます

 

利益が出るケースは利益となった不動産の評価額から決まった税金(税率)が徴収されます。

 

プラス(利益)にはならずにマイナス(損益)となれば所得がないので税金は掛かりません

 

法人の事例は土地や建物を購買したケースの値段と、売却した事例の利益の有る無しではなく、企業での利益も考慮します

 

法人での利益が大きいとその利益を加算したもの全てが課税所得としてみなされます。

 

仮に、法人での利益が土地や建物の調達費や土地や建物の売り渡し費、よりも大きいといった場合は最終的な課税所得がプラスとなるので課税の対象となります

 

反対に大幅な赤字ならたとえ土地や建物の売り渡し費が大きくても、課税所得がマイナス(損益)となり税金は掛からなくなります。

 

ですので法人の場合は企業の経営状態も大変、重要になってきます

 

法人の方が不動産売り渡しを考えておられるなら不動産の売買利益だけでなく、法人全体の売り上げを考慮して税金を計算する事を推奨致します。

 

不動産売却の一括査定はこちら↓↓

 


 
トップページ スマイスター一括査定 マイスミEX ふじたろう一括査定 運営者情報