持ち家や土地などの不動産を売却しようと思っている方必見

所有する賃貸マンションを売却した場合はどうなるの?

所有賃貸マンションのようなビジネス(事業)用の不動産を売り渡しした時も
居住用不動産の売り渡しと同じく譲渡所得に対し税金(所得税・住民税)が掛かります

 

譲渡損害が発生するケースは、税金(所得税及び住民税)は共に課税されません。

 

その譲渡で発生した損失は、同年中に売却した他の不動産の譲渡した利益と損益を合算する事は
できるのですが給与所得などの他の所得と損益を合算する事はできません

 

賃貸用の不動産を売却した時の取り扱い

 

自己が居住していた不動産の売却ではないので譲渡益が出た場合のマイホームの3つの特例
及び譲渡損が出た時の損益通算・繰越控除の特例は活用できません

 

譲渡所得計算式は譲渡所得 = 譲渡収入金額 −(取得費 + 譲渡費用)

 

税額計算式は税額 = 譲渡所得 × 税率(所得税・住民税)

 

税率は

 

短期譲渡所得(所有5年以下)所得税率:30.63%住民税率:9%

 

長期譲渡所得(所有5年超) 所得税率:15.315%住民税率:5%

 

ビジネス(事業)用不動産を売却した時に活用可能な特例として代表的なものは
「特定事業用財産の買換え特例制度」があります

 

詳しくはこちらから

 

不動産売却の一括査定はこちら↓↓

 

 

 


 
トップページ スマイスター一括査定 マイスミEX ふじたろう一括査定 運営者情報