持ち家や土地などの不動産を売却しようと思っている方必見

海外の不動産投資での収益は、日本でどんな風に確定申告するの?

【日本と他国の二重の課税に要注意!!】

 

日本に住んでいる人であれば、日本で全ての国の所得に対し課税される事になります。

 

ですので、外国(海外)不動産からのキャピタルゲインやインカムゲインなども、
国内の不動産と同じく、不動産の所得または不動産譲渡所得として課税される事になるので注意が必要です。

 

(適用税率も所得の計算方法も変化はありません)

 

さらに、海外の不動産の場合は、当該国でも課税されますので、当該国での確定申告も不可欠となります

 

二つ国間での二重課税の取り扱いについては、現住地の日本で「外国税額控除」が適用され調整されます

 

当該国で支払った所得税を無制限に控除する事はできなかったり、二重の課税が解決されない事例も少なくないため注意が必要です。

 

        課税方法   所得税・住民税
不動産所得   総合課税   15%〜50%(最高)
不動産譲渡所得 申告分離課税 長期20%、短期39%

 

確定申告の際は、外国の通貨での収益や費用がある場合、それを日本円に換算しなければいけない事や
外国税額控除の限度額の計算などは、国内にある不動産の場合に比べて、多少複雑になりますので
専門家にご相談されることを推奨します。

 

不動産売却の一括査定はこちら↓↓

 


 
トップページ スマイスター一括査定 マイスミEX ふじたろう一括査定 運営者情報